「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

流通考(その40) ベストかベターか

a0105851_1765658.jpg


ちょっと切ない終わり方をした前回。
本人はいたって平気ですので、お構いなく。


◆流通考 おさらい◆

その1 イントロ
その2 続イントロ
その3 新イントロ
その4 イントロ・征服
その5 最後のイントロ
その6 切ない気持ち
その7 一応、胸を張って
その8 思い違い
その9 失言癖 vs 虚言癖
その10 印税など
その11 夢を語る
その12 2畳の本屋
その13 その数16,000店
その14 その数4,000社
その15 その数、大雑把に2社
その16 ミスリーディング
その17 間違い探し
その18 無理な展開
その19 取次さんの配本
その20 ダークサイド
その21 近所の本屋さん
その22 開封せずに返却せり
その23 返本サバイバル
その24 イントロ? イントロ!
その25 ハードル
その26 ラビリンス
その27 発行所と発売所
その28 豆腐
その29 返本サバイバル、再び
その30 判断基準
その31 情報が伝わるということ
その32 原価内訳書
その33 当然!
その34 しれっと
その35 夢も希望も
その36 10カウント
その37 ゴニョゴニョゴニョ
その38 2年半という歳月
その39 コミュニティー

では切ない続き。

Kさん「なんでしたら豆腐パーティーにでも参加します?」

■でもKさんと二人っきりなわけでしょ。

Kさん「二人で黙々と豆腐をたべるという」

■そこに会話は生まれますかね?

Kさん「さぁ。少なくとも私は豆腐に集中しますけど」

■そうですか。

Kさん「で、まぁ兎にも角にも、欲望その②の『売れて欲しい』を実現するには、アマゾンのHPに載ればいいって訳ではないことはご理解いただけますよね」

■「売れて欲しい」と思えば、書店やアマゾンにこだわらず、自分のコミュニティーを広げなさいって事ですよね。

Kさん「そういうこと」

■欲望②の『売れて欲しい』問題についてはわかりました。でも、でもですよ、欲望①の『書店に並べたい』についてもう少し。

Kさん「どうぞどうぞ」

■アマゾンに並ぶのと書店に並ぶのって、確かに意味合い的には近いと思うんです。でも、リアルかバーチャルかってのは大きいんじゃないかと。自費出版する側からすればね、やっぱりリアルな書店に並ぶほうが圧倒的に嬉しいと思うんですけど。

Kさん「そうだよね。そりゃそうだ。仮に私が自費出版したとしても、書店に並ぶほうが嬉しいと感じると思いますよ」

■それが難しいっていうのも、いろいろと教えてもらえたので、理解できます。ということは、逃げ道としてのアマゾンなんですよね。

Kさん「つまりリアル書店は無理だから、バーチャル書店で我慢しようよ、ということ?」

■そう、それです。ベストは無理なので、ベターでよろしくっちゅうやつです。

Kさん「アマゾンがベストではなく、ベターかというと、どうでしょう。もうひとつの重要な側面を考えると、圧倒的にベストに近いと思いますよ」

■といいますと。

Kさん「それは物流の問題です。えーと、あなたの出版した『こだわりのレシピ』。これ、書店流通をサービスとして取り扱っている自費出版業者さんから出版したとしますね」

■でも返本とかになっちゃうんですよね

Kさん「ところが、ところがです。厳しい書店員の目をかいくぐって、あなたごとき書いた本が、東京の某書店に並んだとします。」

■“私ごとき”でなんですが。

Kさん「並んだはいいが、案の定、売れ残っちゃうわけ。これは本の内容が面白くないというわけではなくてね、単に宣伝がされてないので。誰もその本のことを知らなかったからですよ。一応、フォローしときます」

■ありがとうございます。

Kさん「一方、遥か数百キロ南の沖縄にて。沖縄在住の具志堅さんという方がいます」

■いきなりスケール感が広がりましたが。

もうそろそろゴールだよ、って話をしてから、なかなかゴールにたどり着きませんね。
着く着く詐欺。


以上、コシーナブックスのブログでした。
ちなみにブログよりも重要な「本編」はこちら
お気軽にお越しくださいませ。


a0105851_18243678.gif
[PR]
# by cocinabooks | 2011-12-03 18:09 | 本を売る

流通考(その39) コミュニティー

a0105851_1765658.jpg


先週、「猿の惑星」のラストレベルの衝撃で幕を閉じたこのブログ。
1日送れの更新になりましたが、続きです。


◆流通考 おさらい◆

その1 イントロ
その2 続イントロ
その3 新イントロ
その4 イントロ・征服
その5 最後のイントロ
その6 切ない気持ち
その7 一応、胸を張って
その8 思い違い
その9 失言癖 vs 虚言癖
その10 印税など
その11 夢を語る
その12 2畳の本屋
その13 その数16,000店
その14 その数4,000社
その15 その数、大雑把に2社
その16 ミスリーディング
その17 間違い探し
その18 無理な展開
その19 取次さんの配本
その20 ダークサイド
その21 近所の本屋さん
その22 開封せずに返却せり
その23 返本サバイバル
その24 イントロ? イントロ!
その25 ハードル
その26 ラビリンス
その27 発行所と発売所
その28 豆腐
その29 返本サバイバル、再び
その30 判断基準
その31 情報が伝わるということ
その32 原価内訳書
その33 当然!
その34 しれっと
その35 夢も希望も
その36 10カウント
その37 ゴニョゴニョゴニョ
その38 2年半という歳月

では本編。

Kさん「ちょっと話が戻るんですけど」

■はい

Kさん「自費出版をしたあなた。あなたの希望として、『自費出版した本を①書店に並べたい、そして出来ることならば②売れて欲しい』というのがありましたね」

■通常の書店流通ルートを考えると、満たされることなく終わっちゃっうとくか、撃沈してしまうやつですね。

Kさん「そうです。通常のルートで自費出版書籍を書店に流しても、めったなことでは自分の本が書店に並ぶ光景を目にすることもないし、ましてやベストセラーなんてもってのほかというやつです」

■ところがコシーナブックスから出版して、アマゾンで販売すれば、①と②が満たされるわけですね。これはスゴイ。

Kさん「そんなわけないでしょう。やっぱり人の話を聞いてなかったようですね。どこをどうすれば②が満たされるのか」

■うーん、そうか。そうですね。①は形を変えて──リアルな書店の店頭に並ぶのと、アマゾンのホームページに掲載されるのが全くのイコールかというと、そうじゃない気もしますけど──とりあえずは実現しますけど、②は無理か。宣伝されてないですもんね。

Kさん「そういうこと。『本屋さんの店頭に並ぶ=売れる』ではないように、『アマゾンのHPに載る=売れる』ではないわけです」

■どうにもこうにも②は満たされないようですねぇ。

Kさん「昔から言われてるんですけど」

■はい

Kさん「自費出版した本がどれくらい売れるかというと、出版した人に届く年賀状の数と同じだそうですよ」

■はぁ~、わかるような気がします。その人の属するコミュニティー内での売りになっちゃうわけか。

Kさん「面白い例があって、やたらと大きなコミュニティーを抱えてた方が自費出版したんですね。ある学会のトップの方の講演録を出版したんですけど」

■はい。

Kさん「5,000冊以上、売れたらしいですよ」

■自費出版でですか?

Kさん「スゴイよね。まぁ、これは特殊なケースだけどね。コミュニティーが大きければ大きいほど、販売網も広がるという話です」

■なるほどねぇ。②が満たされるかどうかってのは、その人の属するコミュニティーの広さも重要になるわけだ。

Kさん「あなたのコミュニティーは広いですか?」

■どちらかというと、一人で行動することのほうが多いです。

Kさん「……」

■……。

寂しいねぇ。
また来週。


以上、コシーナブックスのブログでした。
ちなみにブログよりも重要な「本編」はこちら
お気軽にお越しくださいませ。


a0105851_18243678.gif
[PR]
# by cocinabooks | 2011-11-19 10:05 | 本を売る

流通考(その38) 2年半という歳月

1週間ぶりのご無沙汰でした。
最近、更新が順調なコシーナブックスです

a0105851_1765658.jpg

は見ていただけました?
ご覧になってない方は、是非是非お越しください。

ではおさらいをば。


◆流通考 おさらい◆

その1 イントロ
その2 続イントロ
その3 新イントロ
その4 イントロ・征服
その5 最後のイントロ
その6 切ない気持ち
その7 一応、胸を張って
その8 思い違い
その9 失言癖 vs 虚言癖
その10 印税など
その11 夢を語る
その12 2畳の本屋
その13 その数16,000店
その14 その数4,000社
その15 その数、大雑把に2社
その16 ミスリーディング
その17 間違い探し
その18 無理な展開
その19 取次さんの配本
その20 ダークサイド
その21 近所の本屋さん
その22 開封せずに返却せり
その23 返本サバイバル
その24 イントロ? イントロ!
その25 ハードル
その26 ラビリンス
その27 発行所と発売所
その28 豆腐
その29 返本サバイバル、再び
その30 判断基準
その31 情報が伝わるということ
その32 原価内訳書
その33 当然!
その34 しれっと
その35 夢も希望も
その36 10カウント
その37 ゴニョゴニョゴニョ

そろそろゴールが見え始めた本編。
さて今週はどうなる。


■あぁ、そうですね。言われてみれば。アマゾンで注文すればいいか。札幌在住だろうが、沖縄在住だろうが、いつでも確実に目的の本が買えますもんね。

Kさん「あぁ、いまやっとゴールにたどり着きました」

■なんのゴールでしょう。おめでとうございます。

Kさん「この話のゴールですよ。この話の。一連の話の結論です」

■アマゾンがですか? よくわかんないんですけど。

Kさん「いいですか、まとめますよ。自費出版書籍を書店に流通させるというのは、一般的に考えて、かなり無理な部分が多い。配本から書店に並ぶまでの壁。いわゆる『the 開封せずに返却せり』問題。そして書店に並んでからも、断然に低い知名度に伴う不利。これは広告・宣伝がなされていないから起きる問題でもあります」

■フムフム。

Kさん「ね、ゆえに無理が多いんです。これらは出版した側からの問題でした。次に買う側、読者側からの問題を考えると、仮にその本の噂をどこかで聞きつけて買おうと思っても、本屋さんに並んでない。さらには注文してもなかなかスムーズに取り寄せられない。つまり手に入らない」

■グズグズですね。

Kさん「グズグズです。で、アマゾンなわけです。アマゾンであれば、よほどのことがなければ、どんな本でもアマゾンの倉庫に在庫されています。これは本屋さんで言うところの、店頭に並んでいる状態ですね。また買う側からすれば、沖縄にいようが、札幌にいようが、どこにいたってその本を購入することが出来る」

■ナルホドね。現実社会の本屋さんの店頭に並んでいるという点は異なっているけど、後の流れは同じか。

Kさん「これだったら、自費出版書籍を書店流通が抱えるさまざまな問題をクリアしてると思いません?」

■そうですね。確かに。

Kさん「で、コシーナブックスですけど」

■はい。

Kさん「ご存知の通り、コシーナブックスは一般書店への流通サービスは取り扱っておりません。ご存知の通りです」

■ということは? アマゾン?

Kさん「そうです! コシーナブックスから出版した書籍は、アマゾンでの取り扱いが可能となります。お客様の出版した書籍は、いつでもどこでも、購入される機会に恵まれることになるわけです。

■おぉ~、スゴイ!

えー、ネタをばらします。
今回のお話、これはコシーナブックスのアマゾン販売サポートサービス開始を記念してお送りする予定だったものです。
ちなみにアマゾン販売サポートサービスが始まったのが2009年5月。
2年半前にお送りする予定だったお話が、いまようやく結論に達したと。
そういうことです。酷いね。
話が熟しすぎ。

お話はもう少しだけ続きます。
いましばらくのご辛抱を。


以上、コシーナブックスのブログでした。
ちなみにブログよりも重要な「本編」はこちら
お気軽にお越しくださいませ。


a0105851_18243678.gif
[PR]
# by cocinabooks | 2011-11-11 17:37 | 本を売る

流通考(その37) ゴニョゴニョゴニョ

a0105851_1765658.jpg

もうご覧になられましたでしょうか?
え、まだですか?
イヤイヤ、ご覧になってくださいよ。
え、なにをって?
意地が悪いお方だね、 ですよ、
クリックすれば、すぐ確認できますからね。
是非お越しくださいよ。

ではおさらいです。


◆流通考 おさらい◆

その1 イントロ
その2 続イントロ
その3 新イントロ
その4 イントロ・征服
その5 最後のイントロ
その6 切ない気持ち
その7 一応、胸を張って
その8 思い違い
その9 失言癖 vs 虚言癖
その10 印税など
その11 夢を語る
その12 2畳の本屋
その13 その数16,000店
その14 その数4,000社
その15 その数、大雑把に2社
その16 ミスリーディング
その17 間違い探し
その18 無理な展開
その19 取次さんの配本
その20 ダークサイド
その21 近所の本屋さん
その22 開封せずに返却せり
その23 返本サバイバル
その24 イントロ? イントロ!
その25 ハードル
その26 ラビリンス
その27 発行所と発売所
その28 豆腐
その29 返本サバイバル、再び
その30 判断基準
その31 情報が伝わるということ
その32 原価内訳書
その33 当然!
その34 しれっと
その35 夢も希望も
その36 10カウント

続きは

■といいますと?

Kさん「大手自費出版業者さんのなかには、複数の書店さんと契約して、そこの自費出版業者さん専用の書架を置いてもらってるところがあります。この書架にはそこから出版された本以外は置かれません。逆に言えば、その業者さんから出版された本は自動的にその書架に並びます。この方式なら、どの本屋さんに自分の本が並んでるかが一目瞭然、つまりどこの本屋さんに書架があるかという情報は業者さんから入ってくるので、希望①が満たせます」

■おぉ~。

Kさん「さらに広告・宣伝にもしっかりと力を入れているので、書籍としての知名度は、小さな自費出版業者さんから出版した場合と比べ、格段にアップします。ちゃんと新聞広告が載るらしいですよ。聞いた話ですが」

■いいこと尽くしじゃないですか。

Kさん「でしょう! ただ端的に言うと、そういった部分にかかった経費はそう、ストレートに自費出版費用にオンされます」

■まぁ、当然っちゃあ当然。

Kさん「でもねぇ、どうでしょう。ゴニョゴニョゴニョ」

■なんですか?

Kさん「うーん、この件に関してはいろんな意見があると思います。ネットで調べるといろんな意見が出てくるのも確かです。ご自分たちで調べて、ご自分たちの意見を持っていただけるとありがたいかなと。ただね、えー、他社さんはどうあれ、ウチはウチのやり方で行くよ! という宣言です」

■ゴニョゴニョが?

Kさん「なんでしょう、ゴニョゴニョ」

■ゴニョゴニョ。

Kさん「……」

■……。

Kさん「えー、さて! 話を戻します。なんだ、あれだ、視点を変えます」

■アワワになってますね。

Kさん「そんなことありません。今度は読者、本を買う側からの視点で考えてみましょう」

■ハイ。

Kさん「あるところ、例えば沖縄としましょう。沖縄に住むAさん。このAさんですが、あなたが自費出版した『こだわりのレシピ』を是非読みたいと」

■どこで噂を聞きつけたんでしょうか。うれしい限りです。是非書店でお買い求めください。

Kさん「人の話、聞いてました?」

■大丈夫、大丈夫。実際に本屋さんに並んでるかどうかが微妙なうえに、どの本屋さんに並んでるか分からないというあれでしょう?

Kさん「そうです。仮にどの本屋さんに並んでるかが分かってても、その本屋さんが沖縄にない限り、紹介できませんよね。『あの~、その本でしたら、札幌の○○書店においてありますけど』と言ったところで、沖縄に住むAさんはどうしようもありません」

■売る側と買う側の行き違いが甚だしいですね。

Kさん「で、単純にね、沖縄の書店さんに注文すればいいでしょう、ってなるかというと、これはこれで違うんですね」

■イヤイヤ、注文すればいいんじゃないですか。取り寄せてもらえば。

Kさん「それがですねぇ、これは説明は端折りますが、本屋さんに特定の本を注文するっていうのは、なかなか難儀なんですよ。客注っていいますけどね」

■そうなんですか?

Kさん「そう。なかなかスムーズにいかない。取次さんなんかも絡んできますから、ちょっとスムーズにいかないです」

■はぁ。じゃあAさんには諦めてもらうしかないってことでしょうか。

Kさん「そこです。そこで登場するのが文明の利器、インターネットです」

真打登場、ジ・インターネットです。
ゴールは近し。現在、38km地点辺りです。
また来週。


以上、コシーナブックスのブログでした。
ちなみにブログよりも重要な「本編」はこちら
お気軽にお越しくださいませ。


a0105851_18243678.gif
[PR]
# by cocinabooks | 2011-11-04 18:21 | 本を売る

流通考(その36) 10カウント

a0105851_1765658.jpg

こんにちは。コシーナブックスです。
先週のブログでも匂わせました、コシーナブックスの新しい動き
みなさん、チェックしてくれました?
ハードカバーにソフトカバーです。王道です。
ていうか、王道抜きで今までやってたんですね……。
それはそれで、ということで。

ではおさらい。


◆流通考 おさらい◆

その1 イントロ
その2 続イントロ
その3 新イントロ
その4 イントロ・征服
その5 最後のイントロ
その6 切ない気持ち
その7 一応、胸を張って
その8 思い違い
その9 失言癖 vs 虚言癖
その10 印税など
その11 夢を語る
その12 2畳の本屋
その13 その数16,000店
その14 その数4,000社
その15 その数、大雑把に2社
その16 ミスリーディング
その17 間違い探し
その18 無理な展開
その19 取次さんの配本
その20 ダークサイド
その21 近所の本屋さん
その22 開封せずに返却せり
その23 返本サバイバル
その24 イントロ? イントロ!
その25 ハードル
その26 ラビリンス
その27 発行所と発売所
その28 豆腐
その29 返本サバイバル、再び
その30 判断基準
その31 情報が伝わるということ
その32 原価内訳書
その33 当然!
その34 しれっと
その35 夢も希望も

そろそろ本編のほうも佳境を迎えているような、いないような。
どうなんでしょうか。


Kさん「希望その②の『売れて欲しい』ですが、まず店頭に並ぶチャンス自体が、一般の書籍に比べて小さいのには、どんな理由がありましたか?」

■広告・宣伝されてないというところ。

Kさん「そういうことですね。で、今の文脈での広告・宣伝と、これから話の中での広告・宣伝では、ちょっと意味合いが異なってきます」

■といいますと。

Kさん「さっきまでの広告・宣伝は、書店の店員さんの話の中で出てきましたよね。より広告・宣伝されていている本のほうが、店員さんのアンテナに引っかかるチャンスがあるので、結論として書店に並ぶ確立が高くなるという流れです。これからお話しする広告・宣伝は、読者、つまりは購買者に対する広告・宣伝です」

■あ、そっか。店頭に並んでる本を買うのはお客さんか。

Kさん「本来、広告・宣伝はお客さんに対してのものですから。さて、本屋さんにお客さんがやってきました。この方、レシピ本を買いに本屋さんにやって来たそうですよ」

■ということは、私の『こだわりのレシピ』を買う可能性もあるわけだ。あら素敵な奥さんだこと。

Kさん「可能性ですけどね。で、このお客さんですが、レシピ本のコーナーに一直線に向かい、並んでいる本を手にとって考えます。『どれにしよう』」

■こうなると広告・宣伝がボディブローのように効いてきますね。

Kさん「新聞に広告が載っていた、店頭にPOPが飾ってある、ポスターが貼ってある、はたまた著名な方が書いた本である、帯の言葉が有名人の推薦文だったとかね。カウンターパンチレベル」

■そういった本と対決して10カウントなんて取れないですよね。

Kさん「そういうことなんです。今回の『こだわりのレシピ』の場合、広告・宣伝はなってないわ、あなた自身もまったく無名の素人さんだわで、アピール度がかなり低いです」

■素人以下ですからね。あきらめます。

Kさん「希望①に続き、②も撃沈です」

■あれ? これじゃ自費出版した本を取次さんを通した意味がないんですが。

Kさん「広告・宣伝がなされていないと、結局こうなっちゃうんですよね。自費出版業者さんの中には、広告・宣伝サービスに言及しているところもありますけど、一般的な出版社が繰り広げる広告・宣伝展開に追従できるかというと、これは予算的に無理でしょう」

■自費出版した本を本屋さんに並べること自体、アウトなんでしょうか。

Kさん「物理的な面から言及すると、難しいよね。ただ、大手の自費出版業者さんから出版するというのは、この問題をクリアするひとつの手ではあると思います」

ンあるのかよ、というツッコミが聞こえてきそうです。
あったりなかったり、出来たり出来なかったり、そして伸びたり縮んだり。
また来週。


以上、コシーナブックスのブログでした。
ちなみにブログよりも重要な「本編」はこちら
お気軽にお越しくださいませ。


a0105851_18243678.gif
[PR]
# by cocinabooks | 2011-10-28 16:50 | 本を売る


自費出版のコシーナブックス■開発チームのブログです。完全リニューアルオープンしましたが、引き続きスタッフのこだわり、コシーナブックスの秘密のレシピをご覧下さい。


by cocinabooks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

自費出版
コシーナブックス
メモ帳
■運営者名■
株式会社アドリブハウス
コシーナブックス編集室
■概要■
自費出版のコシーナブックス
開発チームのブログ
■連絡先■
tel (076)269-7771

検索

ブログパーツ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧